製品の概要

用語の解説 「さ」行

用 語 意 味
最大常用水圧
maximum
working
pressure
一般に使用されている状態で管路に加わる最大の水圧で、静水圧と水撃圧の和で表わせられる。
JIS K6742~43 (水道用硬質塩化ビニル管とその継手)の解説によれば、規格静水圧 0.75MPaに水撃圧0.25MPaを加えて1.0MPaを水道用塩ビ管の最大常用水圧としている。
射出成形
injection
mo(u)lding
熱可塑性樹脂及び熱硬化性樹脂を成形する方法の一種で、成形材料は射出シリンダーの中で加熱溶融され、流動化した成形材料は、射出プランジャー又はスクリューによって固く閉じた金型の中に圧力で注入されて成形される。成形材料を射出するための機械を射出成形機(injection mo(u)lding machine) といい、可塑化機構、射出機構、型締機構及び駆動機構などから構成される。継手の寸法図でA形とあるのは、この射出成形によりられたものである。
重合
polymerization
高分子にするために、単量体を一般には鎖状にCを軸として化学的に結合させることをいう。
結合されたものを重合体(polymer)といい、結合された単量体の数nを重合度(polymerization degree)という。
水頭
head (of fluid)
unplasticized PVC pipe
おもに水理学で用いる語であり、単位重量の水の有する種々な形態のエネルギーの大きさを、水柱の高さとして表わしたものをいう。
0.1MPa=水柱10m
ストレスクラッキング
stress cracking
synthetic resin
応力き裂のことでつぎの意味がある。
  1. (1) 破壊強さよりも小さい応力により材料の表面あるいは内部に生じるき裂をいう。
  2. (2) 一般に材料には成形時のひずみが残っている。この残留ひずみ(residual strain) は内部応力(internal stress) を生じさせ、この内部応力によって生じるき裂現象をいう。内部応力は外力以外の原因、たとえば収縮などによっても材料内部に生じる。
線膨張率
coefficient of linear
thermal expansion
固体の長さが温度によって変わる割合を表わし、温度が1度変化したときの長さの変化率で示す。塩ビ管の線膨張係数αは約7×10-5/℃であり、温度変化1度に対し長さ1mあたり0.07mm伸縮することになる。
ソルベントクラッキング
solvent cracking
ストレスクラッキング(応力き裂)の1種であり、溶剤 (solvent) の加わったときに生じるき裂現象を特に区別していう。塩ビ管の場合は15℃以下の低温、2応力(熱応力、TS接合部の応力・生曲げなど)3溶剤の存在(接着剤・防腐剤など)の3要因が加わったときに発生することがある。
ページトップへ